葬式の香典の書き方は?宗派ごとの表書きや金額、包み方についても解説

葬式で香典の書き方に迷うことはありませんか。

香典袋の上側に書く「御霊前」や「御仏前」といった文字を、「表書き」といいます。表書きは、宗教・宗派によって違います。

また、表書きと同様、「金額の相場は?」「包み方や、出し方のマナーは?」と、香典については迷うことがたくさんあるでしょう。

葬式の香典の書き方、金額相場、包み方など、香典に関わるマナー全般について解説します。

まずは注意!香典を持参しても良いか確認を

最近では、香典を辞退する葬式が多く見られます。遺族が香典返しを手配する負担を省略するためです。葬式の案内状に、「御香典の類は辞退させて頂きます」といった下りがないか、確認しましょう。

香典袋を選ぼう

香典袋は、宗教によって選ぶべき種類が違います。

■仏式:宗派を問わず、白黒あるいは双銀の水引があしらわれた香典袋を選びます。

無地、あるいは蓮の花が描かれたものが、仏式にふさわしいとされます。

■神式:白黒あるいは双銀の水引があしらわれた、無地の香典袋を選びます。蓮の花は仏教のモチーフなので、蓮が描かれた香典袋は避けましょう。

■キリスト教式:水引のない、無地あるいは十字架があしらわれた香典袋を選びます。

■無宗教:白黒あるいは双銀の水引があしらわれた、無地の香典袋を選びます。

なお、京都を中心とした関西の一部地域では、葬式や法要で使われる香典袋の水引が、黄色と白で構成されていることがあります。

これは、京都が長く天皇家のお膝元であったことから「黒白の水引は皇族が使うもの。

庶民は黄白の水引を使って、区別するべき」という奥ゆかしいしきたりが生まれたことに由来しています。

葬式のときも黄白の水引を使う地域と、葬式のときだけは黒白の水引を使い、四十九日法要から黄白の水引を使う地域があるため、よく確認しましょう。

次に筆記用具を選ぼう

香典袋と薄墨

葬式の香典袋に文字を書き入れるときは、薄墨とするのが正式です。

これは「墨が悲しみの涙で薄くなってしまった」ことを表しています。

薄墨の筆ペンは、コンビニやスーパーの筆記用具売り場で手に入ります。

宗教・宗派別、香典の表書き

香典の表書きは、宗教・宗派によって違います。

■仏式(浄土真宗以外):葬儀の場では「御霊前」とします。

これは、「死者の魂は、亡くなってから四十九日の間、霊としてさまよっている」とされているためです。

この霊は、四十九日後に仏となるとされています。よって、四十九日法要からは、香典の表書きは「御仏前」となります。

■浄土真宗:「御仏前」とします。仏教の中でも浄土真宗は、「亡くなったら死者の魂は霊となってさまよわず、すぐに仏となる」と考えるためです。

■神式:「御玉串料」とします。玉串とは、葬儀中に祭壇へ捧げる、榊(さかき)と呼ばれる草の枝に紙垂(しで。しめ縄などにあしらわれる、白く長細い紙)をつけたものを指します。

■キリスト教式:「御花料」とします。

■無宗教:特に決まりはなく、「御霊前」や「御香典」で良いとされています。

■宗教・宗派が分からない場合:「御香典」や「御霊前」で良いとされています。「御霊前」は仏教の影響が色濃い表書きですが、広く日本の葬式で使われるものなので、失礼には当たりません。

表書き以外の情報はどう書く?

香典袋の下に「御霊前」や「御仏前」と書き入れたら、下に自分の名前を縦書きで書きましょう。

連名でも構いません。夫婦連名にしたい場合は、1つだけ名字を書き、その下に2つ名前を並べます。

また、香典袋の中袋や裏側には、住所や氏名を書き入れる欄があります。

喪主が後日、香典返しを送るときなどに必要な情報なので、忘れずに書きましょう。

金額を書き入れる欄には、「●千圓(円)」「●萬圓(万円)」と書きます。

このとき、「一」「二」「三」を使いません。「壱」「弐」「参」を使いましょう。改ざんを防ぐためです。

香典の金額相場

香典の金額相場は、関係性によって変わります。

■一般参列者:3000~5000円が相場です。とくに親しくしていた間柄の場合には、1万円とするケースもあります。

■一般親族:下記に述べるような、とくに血縁の濃い親族でなければ、1万円が相場です。

■故人が祖父母にあたる:両親から独立している立場であれば、香典を出します。

1万円から3万円が相場です。義理の祖父母である場合も、同様の相場となります。

香典のほかに、「孫一同」などとして盛花や盛籠を贈るケースもあります。

■故人が両親にあたる:5万円から10万円が相場です。

義理の両親の場合も、同様の相場となります。

香典のほかに、自分の名義や「子供一同」などとして盛花や盛籠を贈るのが一般的です。

■故人が兄弟姉妹にあたる:3万円から5万円が相場です。

義理の兄弟姉妹の場合も、同じ相場となります。

香典のほかに、自分の名義や「兄弟一同」などとして盛花や盛籠を贈るのが一般的です。

夫婦で参加する、子どもを含めた家族で参加するといった場合には、会食に参加するなら一人あたり5000円程度を追加しましょう。

また、偶数は割り切れることから「永遠の別れ」をイメージさせるため、奇数の金額が良いとされています。

どうしても偶数金額になってしまう場合は、お札の数を奇数にしましょう。

例えば2万円を包みたい場合には、1万円札を1枚と、5000円札を2枚入れることで3枚とします。

香典袋の包み方

香典袋の中袋にお金を入れたら、表書きがされてある上包みに包みます。

包むときは、下側の短い折り返しに、長い上側の折り返しをかぶせるようにしましょう。

これには、「涙を流す」「顔を下向きにする」という意味が込められています。

お祝いの場合には、ご祝儀袋の上側の折り返しに、下側をかぶせるように包むのがマナーです。

これには「(運や人生などが)上向きになるように」という意味が込められています。

包み方1つで、全く逆の意味になるため、気をつけましょう。

袱紗(ふくさ)の包み方

香典袋を包む小さい風呂敷や、布でできたケースを、「袱紗」といいます。

袱紗は、寒色の地味な色味のものが不祝儀用とされています。暖色系や華やかな刺繍が施されている袱紗は、祝儀用なので葬式のときは避けましょう。

最近は布ケース状の袱紗が多く見られます。

ケースにそのまま香典袋を入れればいいので、包み方に迷うことはあまりありません。

しかし、風呂敷状の袱紗に香典袋を包む場合には、どう包むのが良いか迷う人もいるでしょう。

風呂敷状の袱紗に香典袋を包むときは、まず袱紗を裏向きにしてひし形になるように置き、袱紗の中心よりやや右寄りに、香典袋を表向きに配置します。

その後、「右→下→上→左」の順に、袱紗の端をたたんで香典袋を包みます。

このようにたたむと、最後には左開きになっているはずです。

左開きは、左手で開くのが便利な包み方です。つまり利き手(右手)で開く「平時」とは違う包み方となり、葬式の場にふさわしいとされています。

香典の出し方

葬式の香典は、受付で出します。

受付では黒いお盆を差し出されることが多いと思われます。

「このたびは」とお悔やみの言葉を簡潔に述べて会釈した後、バッグから袱紗を取り出し、袱紗から香典を出して、黒いお盆に載せましょう。

このように、袱紗から香典を取り出すのは、受付に香典を差し出すときとします。

香典袋を裸で持参するのは控えましょう。袱紗がない場合には、地味な色のハンカチで包むのがマナーです。

●葬式で香典の書き方に迷ったら、宗教・宗派を確認しよう

以上、葬式の香典の書き方や、金額相場、包み方のマナーについて解説しました。

香典の書き方は、宗教・宗派によって違います。

宗教・宗派がすぐに確認できるような環境にいたら、確認するのがマナーです。

案内状を確認すれば、宗教については判断できるはずです。

神式なら「神葬祭」、キリスト教式なら「ミサ」といった語句が使われているためです。

ただ、一般参列者など、立場によっては宗派がすぐに知り得ない場合があります。

そんなときには、無理にたずねる必要はありません。

全ての宗教・宗派に対応できる「御香典」や、広く使われている「御霊前」を使いましょう。

この記事を書いた人

廣田 篤  広島自宅葬儀社 代表

葬儀業界20年、厚生労働省技能審査1級葬祭ディレクター。終活カウンセラー。大手冠婚葬祭互助会で通算1500件の葬儀を担当。身内の死や介護の経験、数々の葬儀を通じての縁から「死」について考え、文章にすることをライフワークとしている。

このサイトを広める

ご依頼・ご相談の方はこちら

ご相談は無料

24時間365日対応 お急ぎの方は夜間・休日でも
フリーダイヤルへご連絡ください。
「まずは相談したい」など、ご検討いただいている方は
メールでのご相談も可能です。
ご相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。

このサイトを共有する